コラムページキービジュアル コラムページキービジュアル

症状改善

頭痛の治療(整体・カイロ・カッピング編)

2021.5.21

Twitterでシェア Facebookでシェア Lineでシェア

この記事を書いた人

店長 / 柔道整復師 原島 脩
店長 / 柔道整復師 原島 脩

この記事を書いた人

店長 / 柔道整復師

原島 脩

野球部のトレーナーとして活動後、治療家としての道を志す。数々の臨床現場に触れ、免許取得後、整形外科勤務時には骨折脱臼の整復など急性外傷の施術を多く経験し、その後接骨院や整骨院勤務など医学の知識と技術を生かせる臨床現場に従事。アスリート・ヨガインストラクターなど様々な職業の方の施術の経験をし、カラダ改革浜田山店 店長に就任。

今この記事を読んでくださっている方は

「頭が痛くて仕事や家事がスムーズに進められない!」

などと感じたことがあるのではないでしょうか。

 

今起きている頭痛は一体なんなのか?

まずはこちらの「頭痛の原因と予防」という記事を参考に

自分の頭痛はどこに当てはまりそうか確認してみてください。

 

では、カラダ改革×浜田山鍼灸院では、頭痛の方に対してはどのように施術をしているのか?

簡単に解説していきましょう。

整体・カイロ

肩こりが原因だからと言われマッサージに行ったら、なぜか悪化してしまった。

という相談を多く受けます。

 

「首肩の筋肉が硬くなっているのが原因と言われたから、そこを直接揉みほぐして改善しようとした。」

 

非常によく聞くパターンですが、これが症状を悪化させてしまう一因となっています。

一時的な改善はあるかもしれませんが、すぐに戻るでしょう。

 

カラダ改革×浜田山鍼灸院では、今現在の症状の改善だけではなく再発予防が重要だと考えています。

首肩の筋肉が硬くなってしまうのは普段の姿勢からの影響が多いので、単に首肩を揉みほぐすだけではなく

カラダ全体のバランスを見て施術をしています。

 

例えば、猫背の方は頭の位置が前に出ていることが多いですが、それを戻さずにいると首肩に負担がかかり続けて硬くなります。

頭が前に出ている状態を戻さなければ、いくらほぐしてもまたすぐに硬くなってしまうことになります。

良くなった状態を維持するために、痛い場所だけではなくカラダ全体を見て施術をしていくというわけです。

 

また、頭痛の種類によっても施術を変更します。

緊張性頭痛の方には筋肉の緊張をほぐすのは有効な手段の一つですが、偏頭痛の方には逆効果になる場合もあります。

 

整体・カイロともに何をすべきか、問診時に見極めて施術をしていきます。

カッピング

緊張性頭痛の場合に適用しています。

血流だけでなく深部の老廃物も流れが促進されますので、

デトックス効果も期待できます。

また、自律神経にも影響がありストレスで頭痛を感じている方や疲労感の強い方には喜ばれます。

最後に

現代ではデスクワークが当たり前になり、また在宅勤務が増えて通勤がなくなった方も多く

運動不足や筋力低下が現れやすくなっています。

 

その結果、頭痛になる方も増えてきているように感じます。

少しでもお悩みの方はひどくなる前に、お気軽にご相談ください。

Twitterでシェア Facebookでシェア Lineでシェア

関連記事

鍼灸師が教える万能ツボ!

肩こり・顔のむくみに効果があるツボ

8月キャンペーン情報!

新しい施術がカラダ整体に
プラスされました。

・カイロプラクティック
カラダ整体では主に筋肉にアプローチをするのに対して、カイロプラクティックでは歪みのある骨格に直接アプローチして痛みや動かしやすさを整えていきます。当店ではカラダ整体と組み合わせることによって早期に歪みの改善が期待でき、姿勢が整うことで自律神経の調整にも効果的です。
・カッピング
カラダを押すのではなく「引く」ことが特徴的なアプローチ。背中またはお腹に置いたカップ内の空気を吸引することで皮膚が引き上げられて、そこで滞っていた血液や老廃物を表面近くに寄せてきて代謝しやすくします。慢性的な疲労に効果的な他、カラダの深部にまでアプローチできる施術法です。
・オイルフットケア
膝裏~アキレス腱付近までカッピングを施した後、オイルを使って流します。足のむくみや冷えが気になる方や足の疲れが取れない方に特に効果的な施術法です。施術中から流れが良くなるような感覚があり、立ち上がった時に足が軽く感じるというお声が多いです。

※オイルフットケアのみオイル代として追加550円(税込)いただきます。
※鍼治療をご希望の方は別途3,300円(税込)いただきます。
※鍼治療ご希望の方はご予約の際にお伝え下さい。WEB予約の場合は鍼治療込みをお選び下さい。
※定員オーバーの際はご容赦ください。
※ご興味のある方は空き状況をご確認いただくことをおすすめします。

最新記事一覧

カテゴリ一覧

アーカイブ